ゆるキャリナース
看護師×派遣×フリーランス
夫婦のこと

夫婦のお財布事情と悩み

私と夫はお財布が別で、生活費は基本は夫が全て支払いです。

自炊の食費と日用品費は私が管理しているので、私のお給料(扶養内なので月8万位)から支払っています。

赤字になってしまう月などは、報告したら夫からいくらか現金もらうこともあります。

↑これが、言いづらくて…ギリギリまでは自分の貯金を削ってしまいます。

 

結婚してから足りなくて現金をもらったのは1、2回。

なるべく夫からお金をもらいたくないので、私も毎月使い過ぎないように気を付けているんですが…

私の使いすぎではないところに原因があったりもします。

私のお給料【8万円】使い道

  • 5万円…食費、日用品
  • 3万円…お小遣い(美容・交際・趣味)

 

赤字になる原因

旅行の回数が多い

旅行が夫婦の共通の趣味なので、多いと毎月どこかへ行っています。

その際に、旅行代の一部を私が負担することがあります。(旅先で車代など)

私しかレンタカーの会員やETCカードを持っていないので、車関係は必然的に私負担に。

一緒に娯楽にきているのだから私も支払うのはいいのですが、毎月となると1回の出費で数万円は、私にとったら大きな負担になります。

 

「それくらい払っといて」

夫は特に気にせず言っているの感じで、出したくないわけではないけど…

外食をした時に払っといて(4,000円)、クリーニング出しといて(5,000円)、夫からしたら1万円以下の支払いは感覚的に”それくらい”の範囲なのでしょう。

たいした額ではないかもだけど、塵も積もればです。

月8万円でやりくりしている側からすれば大ダメージです。

 

もう少し気にしてほしい

子なし主婦で仕事も派遣でゆるくやらせてもらっていて、経済的な面はほぼ夫が負担しているので、強くは言えませんが。

私にいくらでもお金がある感覚で出させないでほしい。足りなくなった時もらうのすごく気を遣うんだから!

私が扶養内で働いている理由は過去記事へ⇒子なし専業主婦の葛藤

日用品をお得に購入したり、食費を浮かせようと工夫したりしても「それくらい払っといて」で一瞬にして努力が無駄になる。

 

付き合ってた頃はお互い正社員で、ワリカンや贅沢もしてたからその感覚が残っているのかもしれません。

夫婦のお財布事情って、正解があるようで分からない。

 

私自身、夫に全て養われている状態にも慣れないし、けど結婚して働き方は変わったし頼らなければいけないのも事実。夫婦の自覚はあるようでない。

徐々に夫婦になっていくんでしょうが。

 

大好きな夫と末永く一緒に過ごせるように、私達なりの夫婦のカタチを作っていけるよう頑張ります。

 

あわせて読みたい
看護師ニートからの転職活動記 看護師・派遣・フリーランスの生き方 転職活動ができなかった心境 私は結婚してしばらく専業主婦をしていたの...

 

看護師・派遣・フリーランスの生き方

にほんブログ村 投資ブログ 資産形成へにほんブログ村 病気ブログ 看護師・ナースへ